<   2005年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

デュシェス・ドゥ・ブラバン

とても生育のいいバラだ。最初は8号のロングポットに植えたがすぐに根がまわってしまって水切れしやすくなった。
次に9号の菊鉢(笑)に植え替えた。しかしこれも1年ですぐに根がまわってまた水切れしやすくなった。(--;
で,昨年の秋には10号のロングポットにまたまた植え替えたのである。
庭が狭く鉢で育てているバラが多いので,通常あまりどんどんと鉢増ししていくことは少ないのだが・・このばらはちょっとだけ大きくゆったりと育ててみたかった。それにふわふわと波打つ花びらと愛らしい花色がとても気に入った。明るい葉の色ともよく調和して美しいと思う。また,花付きのよさや四季咲き性が高さも嬉しいバラである。

d0050399_23521742.jpg

d0050399_022778.jpg

d0050399_0223366.jpg

[PR]
by favoritegarden | 2005-05-28 23:57 | Tea

オメール

このバラは,ネットで知り合った三木さんと信州のローズアンティークさんを訪ね,旅の記念にとおそろいで購入した。あれから3年。
ミルキーホワイトにピンクの覆輪の可愛らしい花だ。ピンクののり方ははいろいろで,違った表情が楽しめる。
花びらは完全に開ききることはなく,開きかけの情緒がいつまでも残る。
ただ,ほんとうに「ひらきかけ」のままで終わることもあるけれど。(--)
それから,少し整姿が難しい。横張りなので狭いスペースに置くにはちょっとたいへん。だから内芽で剪定してまっすぐ上に枝が伸びるようにしているが,それでもまたすぐに外に。花が放射状。(^^;
でも,とってもかわいいからいい。(笑)
香りは・・昔,もみがらが入った箱入りのりんごの香りがすると思うのだが。
これもまだ誰にも支持されていない。(爆)

d0050399_1943338.jpg

d0050399_19435580.jpg

d0050399_19441674.jpg


d0050399_19443567.jpg

[PR]
by favoritegarden | 2005-05-26 20:00 | Tea

似てるっ!

<バロンヌ・アンリエット・ドゥ・スノイ>
昨年の秋にたくさんのつぼみつきでやってきたが,寒くてとうとう咲かずじまい。だから初めてのお花だった。
色も形もすごくきれいでびっくりした。そして花の持ちもいいのだ。(^^)/
グロワール・ドゥ・ディジョンの子孫・・・な〜るほど。開ききった花形がよく似ている。色味もアンティークな感じで似ているが,バロンヌの方がやや赤みを感じる。


d0050399_126457.jpg
d0050399_1264962.jpg
d0050399_1272591.jpg


<グロワール・ドゥ・ディジョン>
つる性なのでアーチのわきに植えたけれど,いっこうに大きくならない。
地植にすると勢いがよくなることがほとんどだが,たま〜にかえって調子が悪くなることがある。(--)
今年はぐん!と大きくなってくれることを期待している。

d0050399_215397.jpg


似ていると言えば・・マドモアゼル・フランチェスカ・クリューガーもよく似た感じ。ピンクの差し色がマドモアゼル〜って感じがして可愛かった。(^^)

d0050399_243396.jpg

d0050399_25746.jpg

[PR]
by favoritegarden | 2005-05-26 02:10 | Tea

ブラン・ドゥブル・ドゥ・クーベル

白ハマナスとソンブロイユの交配種ということだったので,どちらにしてもすてきな花に違いない!と思いこんで購入したバラだ。新苗で購入し鉢で1年育てた後地植にした。今年は地植にして3度目の開花である。
純白で柔らかな花びらはよくティッシュペーパーのような・・と形容されるがなるほど!と納得。しべは黄色というよりゴールドっぽくも見えて美しい!

d0050399_199468.jpg



d0050399_19144617.jpg
[PR]
by favoritegarden | 2005-05-25 19:21 | Hybrid Rugosa

サンショウバラ(ロサ・ロックスブルギー・ヒルトゥラ)

日本原生種で富士・箱根地方にのみ分布しているバラ。なんと主幹が10cm以上の太さになり,樹高は5〜6mにもなるそうな。
なんでそんなバラを買ったのかというと・・お手ごろなお値段につられてつい。(^^;
以前から山椒のような葉っぱに惹かれてはいたのだが,なにしろ大きくなると聞いていたので・・。
でも,新苗300円はやっぱ買い〜!だろう。(笑)鉢で小さく育てればいいんだわ〜と思って手に入れてしまった。昨年は初めての開花で2,3輪しか花がつかなかったが,今年は株全体に花がついてまあまあだ。まだもう少し大きく育てても大丈夫そう。
淡いピンクの花は一日花だけれど,とても清楚でかわいいしつぼみも個性的でいい。

d0050399_0103762.jpg

d0050399_013830.jpg

[PR]
by favoritegarden | 2005-05-22 00:19 | Species

やっと

2,3日暖かい日が続いたので,犬のデッキに沿わせてあるソンブロイユが咲き始めた。昨年より10日以上遅れての開花だった。
この花も昨年はカミキリムシの被害にあったがいつも通り花を咲かせてくれたので安心した。
オールドローズを育て始めた頃,このバラは憧れのバラだったけれど,なかなか手に入らなかった。こちらでは限られた時期に限られた種類の苗しか手に入らなかったのである。
ネットを通してたくさんの友達と知り合い,苗を入手する方法なども教えてもらった。今年で4回目の開花になる。

d0050399_194675.jpg

d0050399_19471810.jpg

d0050399_19474243.jpg

[PR]
by favoritegarden | 2005-05-21 19:52 | Tea

今日はこんな感じ

↓のマドモアゼル・フランチェスカ・クリューガーが少し開いてきた。色も微妙に変化したように思う。
オレンジジュースをミルクで割ったような美味しそうな色から,少しベージュ味をおびて落ち着いた色になってきた。明日はどうなるだろう。
でも,初めてのお花は色も形も大きさも本来のそれらと少し違うことが多いので来年もまた違う姿で驚かされるかも・・・。
d0050399_0301035.jpg

[PR]
by favoritegarden | 2005-05-20 00:38 | Tea

Tea Rose

<アルシデュック・ジョゼフ>
こういう色を何色と言うのだろう。色の表現はとても難しいと思う。
同じピンクでもやや紫がかっているもの,グレーっぽいもの,赤みがあるのも・・色々あるが,それを全部まとめてピンクと表現する人もいる。
ここで,私が「これは○○色のバラです」と言っても,「や〜だ,これって○○色じゃ〜ん」という方がきっといるはず。それは仕方がないかな?(^^;
それにしても・・これは何色〜?(笑)ローズピンクよりは赤っぽい。オレンジがかったピンク?中心部はアプリっぽい色で,微妙なグラデーションが美しい。
d0050399_1718790.jpg


<マドモアゼル・フランチェスカ・クリューガー>
昨年の晩秋にわが家にやってきた。寒くて最後までは開ききらなかったがひらきかけの姿は見ることができた。
その時,淡くやや渋めのクリーム色でたまごボーロのような色だなぁと思ったけれど,初めて見る春の色は少し違っていた。
たいていの場合そうだけれど,寒い時期よりはやや赤みが感じられる。クリームよりはアプリコットかピンクベージュと言う感じ。オレンジシャーベットのような美味しそうな色でとてもいい感じ。
開ききるとどんな感じになるのだろうか・・・楽しみだ。
d0050399_1746214.jpg


<フランシス・ドゥブリュイ>
たいへん香りの良いバラ。甘く濃厚な香りがする。
かなり深みのある赤なのだが,うまく撮れないので残念だ。
赤バラの中ではかなり気に入っているバラである。
d0050399_1822527.jpg


<ウイリアム・R・スミス>
柔らかいクリーム色にところどころピンクがさす。
でも,もっと北の方にお住まいの方のウイリアムはもっと白かったように思う。
たしか・・うちでも来たときにはもっと白い花が咲いたと思う。寒い地方からやってきたからだろうか・・・。
まだ細くて小さな株だけれどわりとたっぷりとしたお花が咲いている。
d0050399_18132917.jpg

[PR]
by favoritegarden | 2005-05-18 18:17 | Tea

クイーン・オブ・ベッダーズ

柔らかな花弁の優しい花。色味(こちらの方が濃いけれど)も形もヘルモサに似ていると思っているのだが,まだ誰も同意してくれない。(--;
最初の年は鉢で育てたけれど,晩秋まで繰り返しよく咲くしかわいいので庭に植えることにした。
一季咲きのコンスタンス・スプライの隣に同じピンク系で四季咲き性の高いバラを植えたらいいかな〜と思った。
だけどちょっと予定がくるってしまった。庭植えにしたとたん成長が止まってしまったかのよう。
植え替えのときに根を傷めてしまったのかな?場所が合わないのかな?などと日々悩んでいたけど(笑)・・・花が咲いてよかった〜。しかもシュート発見。(^^)v
d0050399_2372228.jpg

[PR]
by favoritegarden | 2005-05-18 02:44 | Bourbon

まだ新緑

5月も半ばを過ぎたというのに,庭は緑色。
お花の早いティーやチャイナは鉢植えが多く,庭にはアルバ,ケンティフォリア,ダマスクなど一季咲きのオールドが多いので仕方がないと言えば仕方がないが・・
もともと,一季咲きのオールドはグリーンの役割も果たしてほしかったし,オールドの葉を眺めるのは好きだからそれが不満なわけではない。
だた,開花が遅くなると最盛期が6月になってしまい,雨が降る確立が高くなっていやなのだ。
少しくらいの雨なら滴のついたバラも美しいけれど,一日中じっとりと降る雨は勘弁して欲しい。あ,それから風も。ダブルなら最悪だ。
バラの時期ほど天気が気になることは一年を通してたぶんないと思う。
d0050399_1681469.jpg

[PR]
by favoritegarden | 2005-05-17 15:56 | Garden


ここでは主に私の育てているバラの紹介をしています。その他の植物や庭の様子はPhoto Letterで紹介していますので、よろしかったらのぞいてみてください。


by favoritegarden

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
Alba
Gallica
Damask
Centifolia
Moss
China
Bourbon
Portland
Noisette
Tea
Species
Hybrid Rugosa
Hybrid Musk
English
Rumbler
Garden
日々の開花
2005秋〜冬のバラ
その他
未分類

以前の記事

2013年 06月
2013年 05月
2012年 06月
2012年 05月
2011年 06月
2011年 05月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2007年 06月
2007年 05月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 06月
2005年 05月

最新の記事

2013年6月13日のバラ
at 2013-06-18 20:35
ジャンヌ・ダルク
at 2013-06-14 10:55
2013年6月5日のバラ
at 2013-06-12 14:20
2013年6月4日のバラ
at 2013-06-12 09:16
2013年6月3日のバラ
at 2013-06-05 12:24
2013年5月31日のバラ
at 2013-06-04 22:38
2013年5月30日のバラ
at 2013-06-04 13:15
2013年5月29日のバラ
at 2013-05-31 21:03
マドレーヌ・セルツァー
at 2013-05-30 08:52
2013年5月28日のバラ
at 2013-05-29 16:28

Links

ライフログ

大地に薫るバラ―ローズファーマー後藤みどり流バラ作り

オールド・ローズ―ガーデニング大好き!

簡単に美しく咲かせる バラのコンテナガーデン

The Roses: Pierre-Joseph Redoute, 1759-1840 (Jumbo)

最新のトラックバック

パーゴラでドレスアップ
from もぐらの節約ガーデニング
ロックス
from 世界の食文化
バラ クリーム剣弁高芯 ..
from ロバノミミ

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧